子狐と桔梗

桔梗の花が五分咲きとなった。

歩人に桔梗の花を植えたのは、学生時代に読んだ一人の童話作家のお話がきっかけだった。

安房直子

既にこの世を去って久しいが、僕が最初に彼女の「狐の指窓」という童話に出会ったときは、まだ現役の作家だった

お話の粗筋は

昔、両親を早くに亡くした一人暮らしの若い猟師が、いつものように林の中を歩いていると、遠くに子狐の姿を見つけ追いかけて行くと、いつもと違う風景の中に一軒の染物屋を見つける

子狐が俺を騙そうとしているのだろう思った若い猟師は子狐の化けの皮を暴いて仕留めてやろうと、染物屋に入って行く

中から丁稚のような小僧が出てきて、猟師に染物をしないかと誘う

染めるものなど何も持っていないと言う猟師に指を染めることを勧める小僧

いぶかしんでいると、染めた指で窓を作ってその窓をのぞくと自分の見たいものが見れるのだと小僧は言う

ここはひとつ騙されてやれと、指を藍色に染めてもらい、その指で窓を作って覗き込むと、亡くなった筈の猟師の母親が若き日の姿で、子供の自分と手をつなぎ庭で自分をしきりとあやしてくれているではないか!

猟師は感激して、小僧にお代を払おうとすると、小僧はお金ではなく猟師の持っている鉄砲を置いて行くようにと言う

困った猟師ではあるが、両親を亡くしてからずーと一人で寂しく暮らしてきた猟師は、母親の面影を手放すことが出来ず、しぶしぶながらも鉄砲を小僧に渡し家路に向かう

家に帰ってからも、何度も指で窓を作り、逢いたかった優しい母親の姿を眺め、久しぶりに暖かな気持ちとなって床についた

しかし、翌朝、猟師は習慣で顔を洗ってしまい、気付いた時には指の色は落ちてしまっていた

もう一度、指を染め直してもらおうと、昨日の染物屋に向かうが、どこを探しても染物屋が見当たらない

探し疲れたとき、目の前に一面の桔梗の原が広がった空き地に行き着き、遠くで子狐がコーンと鳴くのが聞こえた

若い猟師はその時、初めて思い出したのである

数週間前に、この桔梗の原で子狐を連れた母狐を仕留めたことを・・・

猟師は子狐に向かい頭を下げ、家に帰ったのち二度と鉄砲を持つことはなかったそうである

とこんなお話

今、桔梗の原を作りたくて、毎年種を取り苗を育て少しずつ広げている

ところが昨日

久々に5時過ぎに身体があいたので、林の中を歩きにいったら、秋に取れるはずの落葉キノコがごっそり (*^_^*)

そこで、後で回収しようとところどころに集めて置いて、1時間ほど歩いた後、ビニール袋をもって回収してまわり、後2.3周と歩いていると林の出口にごっそりとキノコの山 ????

全て回収したはずだし、こんなところに集めた覚えはないしと・・・

勝手に、この春生まれて林の中に住みついている子狐君のプレゼントと決めつけた。

その後は、一人でニコニコしながら「気を使って頂きありがとう」などと独り言を言いながら、もう1周歩いて帰ってきた。

多分、物忘れが激しくなったせいかも知れないけれど、物忘れもいいものだなーと、にやにやしていたら、つい先ほど子狐君が歩人の裏口まで遊びに来た

やっぱり、あのキノコは狐クンのプレゼントのような気がしてならない

sIMG_0011.jpg


sIMG_0012.jpg

再び渓流へ

久方ぶりの渓流

前回と違い夏の面持ちの渓流は、草や葉が茂り風も通らない鬱蒼とした森の中の河

水温も高めで、ニジマスは食いが浅く、餌を咥えてすぐに岩陰に戻ろうとするので当たりがとりずらい

当たりを取るタイミングに備え、竿先に神経を集中しながらも、木漏れ日の中、キラキラと輝く水面にうっとり


落ち込みに投げ入れた餌は川面を滑り溜まりに入った瞬間、ググーとひかれた


緊張


指先で僅かに合わせた竿先が大きくしなり、釣り糸が水面を走る


集中



ゆっくりに引き寄せ、釣り上げたニジマスの鱗がキラキラと光る


安堵


塩焼きサイズは魚籠に入れ、次のポイントを探し渓流の流れに逆らって上流へ向かう



太陽が真上に来るころ、帰路に着く


mピルケナイ08.jpg




mピルケナイ05.jpg

15日の午後5時23分 享年94歳、父が息を引き取りました。

検査入院していただけの父と、朝には電話で明日の退院の打ち合わせをし、明日の夜には食べたがっていた丹波のエンドウ豆を届ける話をしました。

夕方、病院からの電話は、危篤ではなく死去でした。眠るような最後でした。

父の日のご予約の製造で仕事を休むこともできず、葬儀まで4日間待ってもらいました。

保存料を使用しないで食べ物を作るということは、当然作り置きをしないということです。

突然何かが起きても、まず3.4日は休むことができません。

年末に母が亡くなった時も1週間近く待ってもらいました。

ただ、この仕事を始めるときに、父母には危篤になっても逢えないからと了解を得ていたので、故郷を引き払いこちらに来てくれた父母のおかげで、きちんとお別れすることは出来ました。

今日、父の日

ありがとう と一言の呟きだけが贈り物となってしまいました。

渓流へ

半年ぶりに大雪の山懐へ入り込み、渓流釣りを楽しんできた。

北海道の最高峰、旭岳の雪解け水が流れ込む渓流は、まだ水流も多く水も痺れるほど冷たい。

連れは美馬牛のゴーシュのオーナー

昔は日の出前に出かけたものだが、加齢とともに近頃では8時過ぎにのんびりと出かける。

朝早く動き出すのがしんどいのもあるが、ヒグマの行動時間を避けての釣りを志すようになってきたせいでもある。

釣果はまずまずで型もよく、夕食の塩焼きサイズには最高の魚体

2時間ほどで20匹ほど釣り上げ終了とする。

持ち帰ったニジマスは自宅の夕食に多い分は、スタッフや美馬牛に住む元スタッフに進呈

久しぶりの天然のニジマスは、うまかった!




01.jpg
02.jpg

開拓ミニチュア資料館

美瑛の隣町、東神楽町にある開拓ミニチュア資料館に行ってきた

引退した農家のおじいさんが、若き日の農家の日常風景を廃材を利用してミニチアの木人形にして展示されている。

自宅の納屋が展示場所なのでうす暗く、おせいじにも素晴らしいとは言い難いが、ほのぼのとして僕は気に行った。

開拓ミニチュア資料館のある自宅より、隣接する用水路に設置した、水車を動力とした動く人形たちが春の日差しを受けて、農作業をしているのが、すごく感動した。

mIMG_0014.jpg

mIMG_0006.jpg

mIMG_0008.jpg
Calendar
<< April 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
search this site.
archives
recent comment
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7