25年前の今日。。。

昭和63年10月2日。25年前の今日、歩人は誕生した。

当時、国道から白金温泉まで飲食店は一軒もなく、半径500メートルには農家さんが一軒だけだった。

向かいは牛飼いの方の牧草地で、積み上げられた牛糞から発生した蝿で、オープンの前の日は夜中の2時ごろまで蝿取りをしていた記憶がある。

やっと25年たって、今だから言えるのだが。。。

最初、美瑛に来た理由は、美瑛町で建設する予定のインフォメンション・センターの1階部分で今の歩人のような形態の店をやらせてもらうという話を頂いたため。

63年4月に家族3人で美瑛町の街中の、美瑛町が用意してくれた住宅へ引っ越してきて1月後。

突然、町の担当者から、議会を通らなかったので、この話は無かったことにしてくれと言われた。

言葉も出なかった。

そこから、半年間、死に物狂いで喰らい付き、自力で歩人を立ち上げることとなった。

色々な事があった。色々な人と出会った。

しかし、町の計画の為に札幌から通いづめた1年という月日は無駄では無かった。

沢山の美瑛町の方々に支えられ、歩人はその年の10月2日に誕生した。

当時の歩人は、4人席2つにカウンター3名という極小のレストラン。

テーブルと椅子は買うお金がなかったので、建設資材のはしきれと鉄筋で作った。

建物を建てている最中に、農家の方が「公衆トイレでも出来るの?」と言われたほど小さな建物だった。

それもそのはずで、手元には結婚してから5年の間に夫婦で貯めた400万円しかなかった。

そこに、父から借りた100万円、そして金融公庫から借りた500万円の合わせて一千万。

運転資金として100万円残して、900万円で建物と駐車場整備と、レストラン、工場の機械類を揃えるのだから、建物は小さい物しかできなかったけれど、二階の屋根裏を自宅とし、一階はレストランと工場とした。

建坪16坪の小さな小さな、ハム屋「歩人」の始まりだった。

金融公庫の担当者には、『こんなところにお客さんが来るわけ無いから、業務の注文を取ってこい」と言われ、建物を建てている間中、今まで札幌で作った製品の写真とレシピを持って旭川の食品会社を訪ね歩いた。

見本もないので、どこも相手にしてくれない中、奇特な会社が1件、出来上がったものを食べてみておいしかったら、取引してあげると書類にサインをしてくれて、やっと公庫から借金の内諾を頂いたのは、既に建築が始まってからだった。

建築屋さんは、随分と無理を聞いて赤字をかぶって下さった。

機械を納品する商社の担当者がオープン記念といって、買えなかったショーケースをプレゼントして下さった。

1年間、町の計画の為に一緒に走った役場の職員の方々がマスコミに頼み込んでくれて、建築が始まってから、沢山の取材の方が来られた。

そのおかげで、オープン初日から待ちが出た。

最初は、腐らすのが怖くて多量に仕込む事が出来ず、何時も売り切れだった。

2月後、信じられないくらいのお歳暮の注文を町内の業者の方々から頂いた。

そして年末、十勝岳が噴火して通行止めとなった。

再び、言葉を失った。

しかし、年が明け、旭川のデパートの食品担当者からお声をいだき、破格の条件で販売させて頂くことが出来た。

夜中に製品を作り、出来た製品をリュックに詰め、朝一番のバスで旭川へ向かい、売り切れる夕方に歩人に戻った。

5月、温泉までの道路が開通し、連休は駐車場に入る為の車の列が出来た。

平成3年11月、今の歩人へと増築の建築が始まってすぐ、事故で背骨を破裂骨折、緊急入院、11時間に及ぶ手術、そして半年の入院生活とリハビリを余儀なくされた。

退院した4月、脇の下から腰までのギプスをした状態で工場に立った。

30分働いては30分横になり、なんとか歩人を再開した。

仕事がリハビリだった。

自分の足だけの力で、しゃがんだ状態から立ち上がることが出来るようになるまで、2年がかかった。

たくさんのスタッフに支えられ、仕事を続けることが出来た。

いつも、支え続けてくれた家内のお陰で、此処まで来れた。

25年。四半世紀。毎日の積み重ねだった。

思い起こせば、25年前のこの日、僕と家内は10時に店の看板をオープンにした。。。




25ago.jpg
Calendar
<< August 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
search this site.
archives
recent comment
others
admin