昔、鈍行列車で・・・・

子供達が二十歳を超え、それぞれに彼氏が、彼女が、という年になってきて想いだすこと...

尼崎に住んでいた18歳まで、冬と春の休みは、スキー目的で必ず白馬の旅館に住み込みアルバイトに出かけていた。

高校になると、夏休みを自発的に1週間長くして9月の初めにも北アルプスを目指し中央線の鈍行を乗り継いで北安曇郡を目指し白馬岳の大雪渓でスキーをしていたが、たまたま乗り合わせたおばあさん

昔ながらの濃紺の木枠の座席に着物姿で正座した、ちいさなおばあちゃん

孫のような僕と話が弾み、のんびりと過ぎゆく車窓の景色を眺めながら仰った一言

彼女はおるんかい?

いえ、クラブばかりの3年間でしたので、全く縁はありませんでした。

早まらんでええよ。近頃は好きになったらすぐ結婚しよるが、そんなことしたらあかんよ。
幸せな家庭を想像して結婚するから、チョット不幸せが続くとすぐ別れてしまう。

?????

結婚はな、こん人やったら、どんなに大変な時でも一緒に頑張れる、相手の嫌いなところが我慢できる、自分の嫌なところを見せれる、そんな人を選らばなあかんよ

おばあちゃんの幸せそうな顔の皺を見ながら、きっとこのおばあちゃんの旦那さんは、そんな人なんだろうな・・・と思ったことを今も思い出す。

幸い、我々夫婦も26年目。昨年は銀婚式を迎えることが出来た。

1年365日のうち360日以上は24時間、一緒に居るから喧嘩も多いが、子供達からは、お父さんはのろけ過ぎ、と言われるくらい未だ家内に片想いの僕

多分、死ぬまで片想いが続くのだろう・・・
Calendar
<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
search this site.
archives
recent comment
others
admin